読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぶしい日々

さえない人間が感じたこと

よしなしごと

辞める決断

スポーツクラブの退会手続きを取った。 小さな頃から何かをすっぱり辞めたり拒んだりことに罪悪感があった。続けるのが善、辞めるのは悪みたいな。 おかげで悪のジャッジを下せないまま自然消滅していくことが多かった。 具体的なエピソードを描こうとするも…

行列のできる…

上京してつらかったのはどこもかしこも人であふれていることだ。 田舎育ちのせいか、好きなものが若干マイナー気味なものが多かったせいか、行列に並ぶ経験をあまりしてこなかった。 ロハスなイベントも、ちょっと副都心から離れたこじゃれたカフェも、ショ…

殴られたら殴り返せ

人間、どうしてもついていない時期というのがある。 私はその時期まっただなかなのだ。 今月のあたまに実家に帰ったのだが、そこから戻ってきてからだんだんとだらしなくなった。 自炊をしなくなったし、スポーツクラブにも通わなくなった。怠惰な日々である…

うさんくさい商法

ファンデーションを買うべく、意を決して駅ビルにあるコスメカウンターに行った。 今までドラッグストアで購入したカネボウコフレドールを愛用していたのだけど、くずれやすいのが気になっていた。 なくなったのをきっかけに某有名通販化粧品のものを買った…

ASKAのブログ騒動のこと、みんなもう忘れているよね…

かくいう私もいろんなことを忘れてる。たぶん他人から指摘されて「あぁそういえばそんなことあったよね」と他人の記憶力に感心するのだろう。 今週のお題「2016上半期」

適材適所

職場にえらく仕事ができないおっさんがいる。 「仕事ができない」ってすごい上から目線の表現だなとおもうのだけど、そんなこと気にしている場合じゃないくらい「できない」のだ。 おっさんはもともと小さな事業所のトップだったのだけどトラブル(詳細不明)…

友達がいない人

勤務先で隣に座ってる妙齢の女性とふとしたことで異性の話になった。 彼女は友達の少ない男性をこき下ろしていた。他人の意見を聞く機会がないから視点が狭い、ストーカーになりやすいとかなんとかで。 彼女が正論を言えば言うほど、私は落ち着かなかった。…