読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぶしい日々

さえない人間が感じたこと

殴られたら殴り返せ

よしなしごと

人間、どうしてもついていない時期というのがある。

私はその時期まっただなかなのだ。

今月のあたまに実家に帰ったのだが、そこから戻ってきてからだんだんとだらしなくなった。

自炊をしなくなったし、スポーツクラブにも通わなくなった。怠惰な日々である。

 

当然そういう人間には運気なんてめぐってこないわけで…

・先々週末、友達に約束をドタキャン(死語)され、そこから数日間連絡が取れなくなる。やっと連絡がついたのが先週金曜日で明日会おうと提案されるも、当日になると実はお金ないからやめにしないと掌返したようにキャンセル。

・一緒に話したりする分にはそこまで問題あるわけではないけど、仕事をさせるといろいろ難ありなバブル世代の方の教育をしなくてはならなくなる。何かあるたび教えなくてはならず疲労困憊。

・以前ブログに書いた仕事できないおじさんが何かミスをしでかすたびにぶりっこを発揮するようになった。

・某アイドルのコンサートに行った後、メンバーの元カノ騒動を知り暗い気持ちになる。売名よくない。

熱中症なのか高熱に苦しむ連休最終日

・ポカリを買いに行こうとしたら自転車の後輪がパンクしていた。

などなど

 

自分のだらしなさが遠因なのかもしれないが、これは応えた。

ポカリを買ってスーパーを出てきたら小雨が降っていて、ふいにこの曲が頭で流れて思わず涙がこぼれた。

 


フジファブリック 『バタアシParty Night (short version)』

 

この曲のPVはファンの私から見てもおそろしください。ロックバンドなのにPVで楽器もなく踊ることについて初見のときは良い気持ちがしなかった。

 

有名な話だが、ボーカルの山内さんは20代後半から30にさしかかることから本格的に歌を始めた。

やんごとなき事情があってのことであるが、自分がもし同じ立場になったら歌うことは選択肢にないと思う。

 

この曲は彼らなりの挑戦なのだろう。

一般論として、大人になるとそれなりに収入とか立場とか安定し、挑戦することに憶病になってしまう。

 

私はうまくいかないことばかりでつらいし、殴られたら殴られたままだろう。

それでも地団太を踏みながら生活を続けていこうと思うのだ。音楽に励まされながら。