読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぶしい日々

さえない人間が感じたこと

清瀬に行った話

是枝裕和展が清瀬の郷土博物館で開かれると知り、行ってみました。

隣の秋津には何度か行ったことがありましたが、清瀬に降り立ったのははじめて。

駅構内には秋津にあるおいしいと評判のパン屋さん*1が入っていたり、スタバがあったりと他の駅にはないアーバンでおしゃれな感じが漂ってました。

f:id:honeycomware15:20160618225556j:plain

 

 

f:id:honeycomware15:20160618225431j:plain

 と思ったけど、甘かった。

徒歩2分くらいであたりは畑に。

 

 

f:id:honeycomware15:20160618230036j:plain

畑。畑。はたけ…

東京都とは思えないのどかさ。

 

f:id:honeycomware15:20160618231053j:plain

郷土博物館じたいも住宅地の一角にあって、本当にあるのか疑わしかったのですが

f:id:honeycomware15:20160618231007j:plain

きちんとあった。

 

展示は本当にすばらしかったです。

・是枝監督の過去の作品について

・最新作「海よりもまだ深く」について

・作品の舞台となった旭が丘団地について

がうまいこと掘り下げられていて、広くないスペースにもかかわらず大変見ごたえがありましたよ。

 

役者さんが作品内で着用していた衣装も展示されていて、真木よう子さんのものがださかったです。映画の中ではみじんもそんなこと感じさせなかったので、「やっぱり服は着ている人間次第でどうにでもなるのだな」と身も蓋もないことに気付かされました。

近所の人たちと思しきご老人がたくさんいらっしゃっていて、しかも世間話をしている者だから、なかなかにぎやかな感じでしたよ。作品が作品だけにあじわい深さを感じましたが、違う作品だったらうるさいと思ったかもしれないですね。

 

帰りは郷土博物館側と逆のほうを散策。

写真は無いのですが、駅前にあるOKストアという雑多な感じのスーパーがめちゃくちゃ安かったです*2

f:id:honeycomware15:20160618232918j:plain

パン屋も多いし、サンリオグッズの豊富なお店もあるし、スーパーも北口南口両方にあるので住みやすそうだなと思いました。

家賃も23区内や中央線沿線に比べたらべらぼうに安いですし。

でも駅の入り口にエスカレーターがついてないのはちょっと難かな。

 

<おまけ>見てるぞ。*3

f:id:honeycomware15:20160618234550j:plain

 

*1:

tabelog.com

*2:200円するシマダヤの流水麺が140円くらいだったり、缶チューハイが90円だったり、首都圏とは思えない価格設定。

*3:片山さつきさんとこのブログは関係ありません。でも正直この写真盛りすぎだと思ってる。